夜中に急に不安になってしまう納得の原因と対処法

      
夜中に急に不安になってしまう納得の原因と対処法

 

一度悩みはじめると思い詰めてしまったり、考えすぎてしまうことありますよね。

思考をスムーズに制御できなくなってしまうと、恐怖症になってしまったり、精神不安定が原因で体調に影響が出てきてしまったりします。

 

普段思考法や行動で、タナトフォビア(死恐怖症)をコントロールすることについて書くことが多いですが、今日は心を不安にさせすぎないための身体づくりについて書いていきたいと思います。

 

 

 

なぜ夜の考え事は不安になるのか

 

思い詰めたり考えすぎたり、思考の沼にはまってしまうことは誰にでもあり得る正常なことです。

では、そんな時のことを思い返してみてください・・

 

単純に夜は一人の時間が多くて一日の反省をする時間になりがちだから、というのもありますが、他にも夜塞いでしまうのには実は医学的にきちんと原因があります。

 

 

セロトニン

という単語を聞いたことがないでしょうか?

 

もしかしたら女性の方が馴染みある言葉かもしれません。

別名・幸せホルモンなどと呼ばれていて、男女比では女性の方が不足しやすい神経伝達物質です。

 

セロトニンは、生体リズム・体温調節・睡眠などをバランスよく保つために必要不可欠なホルモン

脳内で不足すると精神不安定になることで知られています。

 

セロトニンは昼間に分泌されて、日が沈むと共に減少し、夜には全く分泌されなくなります。

 

これが、夜塞ぎやすくなる原因のひとつです。

そもそも夜は、昼間に出ていた幸せホルモンが出ていない状態にある、ということですね。

 

 

日中は

セロトニン(心の安定)、ノルアドレナリン(興奮,怒り)、ドーパミン(意欲)

がバランスよく機能してくれるため、元気に活動できます。

 

そして夜になると、日中作られたセロトニンを元にしてメラトニンという眠くなるホルモンが作られます。

昼間にセロトニンがうまく分泌出来ていないと夜眠くなるためのメラトニンが作られないということです。

日中活動していない日は、夜眠れなくて困ったりしますが、あれは疲れてないからというだけでなくホルモンの影響もあったのでした。

 

日中セロトニンを作り出すことができていないと夜に眠くなることもできないまま、

幸せホルモンが出ていない状態で悶々と考え込んでしまうという状態を作り出してしまうのです。

 

 

 

なぜセロトニンがうまく作られないのか?

 

 

心を安定させる為に不可欠なセロトニンは、昼間に生成されて夜は自然と減っていくということですが

ではなぜ、不足するという事態が起きてしまうのでしょうか?

 

実は現代人の生活では、セロトニンをきちんと機能させるには障害が多すぎるのです・・

 

セロトニンが不足する原因

セロトニンを作るための栄養不足

神経への刺激が足りない

疲れとストレス

生活リズムの乱れ

 

 

 

1,セロトニンを作るための栄養不足

 

セロトニンを作るためには、まず必須アミノ酸であるトリプトファンが必要です。

必須アミノ酸とは人体では作り出せないアミノ酸のことで、食品から摂取しなければいけないのです。

 

 

例外もありますが、タンパク質が多い食材ほど、トリプトファンも多く含まれている傾向にあります。

肉、魚、卵、乳製品などですね。

肉も魚も赤身にたくさん含まれています。

 

もしかしたらダイエットには敵の食材かもしれませんが、ちょっと調べただけでおいしいものばかりだったので、個人的にはテンション上がりました!

 

そしてセロトニンの原料だけそろえてもダメで、セロトニンの合成に必要なビタミンB6、これはレバー、まぐろ、かつおなどにたくさん入っているようですよ。

あとにんにくにも結構入っていました。イエーイ!

 

それとセロトニンを脳内に送り込むには炭水化物も必要です

ベジタリアンはうつになりやすいという意見をちらほら見ますが、おそらくここから来ているようです。

ベジタリアンでも元気いっぱい!という人は運動をきちんとしていたり、規則正しい生活をしていたり、ほかのところで補えているということかなと思います。

 

食べ物がそんな薬みたいな機能するの?と疑問かもしれませんが、もともと腸と脳はかなり密接です。

もともと太古の生き物は腸しかなくて、腸の端が発達して脳になった、なーんて言われています。

 

緊張でお腹が痛くなる人もいますよね。

どんなものを消化して、どんな栄養を取るかは脳にとってとてもとても大事なことです。

 

 

2,神経への刺激が足りない

 

栄養を取っても、セロトニンを分泌させるためには神経を刺激をさせなければいけません。

刺激になるのは太陽の光、朝日ですね。

毎朝日の光を浴びるというのはその日の為のセロトニンを獲得するために必要なことです。

 

 

そしてリズム運動、ガムをかむというのもリズム運動として効果的です。

 

もしも刺激が足りないと、セロトニン神経にある自己制御機能が働いてしまいます。

刺激のない生活を続けていると、そもそもの活動を弱めセロトニンを送り出すペースを落としてしまいます。

セロトニン神経は弱いまま安定してしまい、分泌されるセロトニンも減少したまま安定してしまうのです・・。

 

この一度抑えてしまったセロトニンの自己制御機能を元に戻すには、なんと3ヶ月もかかってしまうのです。

 

 

3,疲れとストレス

 

疲れると足とかに溜まる乳酸は実は脳にも溜まります。

脳に乳酸がたまってしまうと、セロトニン神経を悪い風に刺激してしまい、結果セロトニンが心の安定とは別目的でどんどん使われてしまうのです!

 

どれだけ多くのセロトニンをたとえ作れていたとしても、疲れて脳に乳酸がたまってしまっていたらアウトなのです。

そして精神的なストレスも脳にダイレクトに影響します。

セロトニンの分泌を止めてしまうのですが、そのせいでさらに気分が落ちるというとんでもない悪循環に陥ってしまうのです。

 

コミュニケーション不足もセロトニン欠乏の大きな原因です。

SNSなどの画面越しのコミュニケーションでは補いきれないのだそうです。

脳は不思議ですね。ますます現代を生きながらセロトニンたっぷり生活は難しく思えてきます。

 

ですが、こうなってしまったら意識して抜け出さなければいけません!

先に書いた栄養の見直し、あと日の光を浴びて散歩するのもいいですね。

 

不眠や夜の不安感をおぼえたら、脳が不調になってしまっているのを自覚するところから初めて、環境のせい、仕方ないとせずに・・騙されたと思って出来そうなことからやってみましょう。

 

 

4,生活リズムの乱れ

 

もうなんとなくここまででお察しと思いますが・・

生活リズムを乱してしまうことが、脳にとっっても悪いということです。

そして心身を健康に保つためのホルモンも出なくなります。

 

不摂生にしていると、風邪をひいたり表面に出てくる体の不調が目立ちがちですが、脳内のホルモンの分泌というかなり深いところにもダメージを与えてしまいます。

 

夜本当なら寝るべき時間帯に寝られない、忙しくて不摂生・・セロトニン欠乏で不安感・・そしてそれがストレスへと変化してさらなるセロトニンの減少・・とループに陥ってしまう前に、日々の生活を見直してみませんか?

 

まとめ

こういう対処法を書いた記事はよく見かけますが、夜の不安感や恐怖感があったとしても、忙しいから・・とか生活スタイルに合わないから・・と流しがちです。

 

わたしも夜型なので急に日没とともに作業を終えて日の出と共に起きろと言われても無理です。

 

ですが、幸せホルモンの材料不足や脳の交通渋滞が原因でセロトニンが不足していてそのせいでさらに幸せホルモンが減っている・・となれば自分で抜け出すほか方法はありません。

 

限りある人生、不摂生が原因でふさぎ込んでいるなんて本当にもったいないことです。

 

幸い、セロトニン不足の対処法はどれも楽しいものでした。

 

昼間の散歩は楽しいし、ご飯はおいしいし、コミュニケーションは面白いです。

 

忙しいとは思いますが、徐々に徐々に楽しみながら取り入れてみましょう。

わたしも今日は赤身の肉を買ってきます!