宗教ごとにここまで変わる死生観。あなたがしっくりくるのは?

      
宗教ごとにここまで変わる死生観。あなたがしっくりくるのは?

 

死んじゃったらその後どうなるんだろう・・・

 

タナトフォビア(死恐怖症)である人もない人も、子供の頃には必ず一度は考えたことがあって、中には大人に質問したことがある人も多いと思います。

 

大人が子供のあなたに答えてくれた死生観を覚えているでしょうか?

そしてあなたは今子供に素朴な疑問を投げかけられたら、なんて答えますか?

 

 

実は誰もが持ってる「死後」への見解

わたしは祖母や母とか、家族によく質問していました。

なぜ聞く相手が家族だったのかと今考えると、何となく血のつながりというものが特別なのをわかっていて、家族が死んだあとそうなるなら自分もそうなるんだろうというのがあったんだと思います。

 

「お星さまになるだよ」

「お空で上から見てるだよ」

「神様になってわたしらを守ってくれるだよ」

 

このあたりを言い聞かされて、わたしはそれを信じていました。

静岡の田舎の出身なので、当時星もよく見えてそれが全部すごい遠くにある死体だと思っていましたw

 

ご先祖様が見てる。から、悪いことはしないどこ。というのは今でもなんとなく染みついている考え方でもあります。

 

まあ結局悪いこともそこそこしてしまうのですが、その染みつきかたといったら

「うわ、やべー死んだあとばちがあたる・・・」

と、いまだに思うこともあるほどです。

 

お腹がめっちゃ痛いときに神様にめちゃめちゃ謝った経験は皆さんもあるでしょう。

 

死生観が生き方にちょっとした影響を及ぼしているのは紛れもないことですね。

だからこそ宗教が争いの原因になったり、政治に利用されてしまうこともあるのです。

死んだ後どうなると考えているかによって、生き方が変化していきます。

 

この【死生観】、宗教ごとにかなり異なります。

先に書いた通り、死生観=生き方 ですから、そりゃ揉めるわ・・・という感じです。

 

今回は世界と日本で代表的な宗教の死生観をまとめてみることにしました。

 

 

 

キリスト教の死生観

宗教分布図を見ても、世界中で最も教徒が多い宗教です。

アメリカ、南米、北欧、ロシア、あとアフリカでもメインといってよい宗教です。

 

キリスト教では「死」は人間の原罪に対する「刑罰」

原罪というのは、最初の人間であるアダムが禁じられた知識の実(りんごのこと)を取って食べた罪のことです。

そしてその罪は全ての人類にも及んでいる、という教えからくる概念です。

 

聖書自体に「来世」の記述はないのですが、天国、地獄、煉獄という考え方があります。

これは、教会での教説を行う中で作られたものなのだそうです。

 

最後の審判というものが存在して、「その時」が来ると生きている者も死んでいた者も全員復活して神の裁きを受けます。

 

生前キリストを信じていれば、死後永遠の命を与えられます。

 

 

ユダヤ教の死生観

ユダヤ教はもともとはユダヤ人による民族宗教ですが、ユダヤ人は迫害されながら世界中を移動してきた経緯があるので、世界中に分布しています。

ということで、ユダヤ人というのは、暮らしている地域のことを限定している呼び方ではありません。

ユダヤ教徒=ユダヤ人 インド人のユダヤ教徒なら「インド系ユダヤ人」となります。

 

他宗教からの改宗者を愛せという教えがあります。

 

ユダヤ教には死後の世界は存在しません。

 

・時が来ると最後の審判が行われ、いい人は永遠の魂、悪行三昧の奴は地獄行きです。

キリスト教によく似てますが、キリスト教の元というのがユダヤ教なのでオチが同じなのは当然かもしれません。

 

内的な信仰よりも、行動、生活、民族を重視するのがユダヤ教の特徴です。

働き方だとか、生きているあいだに重要な教えが多いです。

 

ユダヤ教の子供の頃からの教えによって、ユダヤ人は各方面で優秀な人が多いというのは歴史を見てもわかることですよね。

今でこそユダヤに学べ!みたいな啓発本もたくさん見かけますが、昔は人生を豊かにするための教えが、迫害の対象になってしまう恐ろしい時代でした。

 

 

イスラム教の死生観

中東、西アジアが主な分布ですが、移民の影響もあって世界中に広がる宗教です。

 

現世の姿は「仮の姿」で、死=来世への門。死後楽園に行くために現世を生きている、といった感じです。

 

・唯一神アッラーのための戦争を聖戦(ジハード)といいますが、これで戦って殉死すれば、最後の審判を待たず即楽園に行けます。

暴力的な争いが多い理由が透けて見えるような気がします。

まさに死生観が生き方を作っています。

 

この殉死を称賛する教義が、イスラム教徒全体への暴力的なイメージの元になっているという意見もあります。

OSUの知っているイスラム教徒の友人は、非常に穏やかで、お祈りを欠かさず、当然の日常に対しても感謝の念を忘れない人物でした。

実際、過激派はイスラム教徒の中でもほんの一部ということなのでしょう。

 

聖戦で死ななかったイスラム教徒は、墓の中で復活を待ちます。

ちなみにイスラム教徒でない者は墓の中で罰を受けながら復活を待ちます。

・・・復活はさせてもらえるみたいです。よかったです。罰は受けるけど。

 

「最後の審判」の際にアッラーによって楽園行きか地獄行きかが決められます。

ということは、ムスリムじゃなくてもワンチャンあるということなのでしょうか?

 

西洋の文化で亡くなった後に土葬をする伝統は、最後の審判のときに復活するから、その時に帰るための肉体が必要、という考え方によるものです。

西洋のゾンビ映画とか死者の復活を表しているようですし、たまに洋画で観る、致し方なく遺体を火葬する時の悲痛な面持ちのシーンも見方が変わってきますね。

ヒンドゥー教の死生観

ヒンドゥー教は、インドやネパールに大多数の教徒がいます。

「ヒンドゥー」という言葉自体が「インダス川」を指しています。

精霊信仰を行う、いわゆる土着の宗教というやつです。

 

世の中の様々なものに神様が宿ると伝えられている多神教です。

 

全ての生命はひとつの輪に繋がっているという概念を持っています。

 

なので誰にでも前世があり、亡くなったら来世があります。

 

・魂が輪廻した後の遺体は抜け殻の状態です。

火葬した後の灰をガンジス川に流したり、火葬できないほど貧困な層の人は、ちょっとだけ炙るように焼いてからガンジス川に流すのだそうです。

 

・肉体には終わりがあるけど命には初めも終わりもなく誰もが輪廻に組み込まれた存在という概念です。

 

ちなみにこの輪廻転生という考え方に、現在インドで問題になっているカースト制が、なかなかなくならないという現状を作っている原因のひとつがあるようです。

 

カースト制はヒンドゥー教の教えの中にあります。

下層カーストの人の中は、カーストを守らなければ来世にはさらに酷い環境、つまりさらに酷いカーストということですね・・に生まれてしまうという恐れから、下層カーストを救済する支援を断ってしまう人がたくさんいるようです。

 

そもそも「現在下層カーストであるのも、前世からのカルマであるから受け入れるべき」というあくまでひとつの大きな輪の中のちいさな自分という感覚です。

 

 

仏教の死生観

インドで生まれた宗教ですが、現在教徒が最も多いのは中国なのだそうです。

あとは日本や台湾などの東アジアあたりが世界の仏教徒の大半を占めます。

 

「輪廻転生」すべての生き物は生と死をずーっと繰り返すもの、とされています。

 

・人生は死や病などなど苦しみと共にある、として今いる輪廻の輪から抜け出すことを目標にしています。

解脱といいますが、つまりもう二度とこの世に生まれないように生死を繰り返しながら徳を積んでいこうね。というのが大まかな死生観です。

 

と初期の仏教はここまでなのですが

浄土信仰はあとから生まれたもののようです。

このへんがキリスト教とちょっと似てますね。

 

やっぱり死後に自我を持ってちょっとゆっくりできるところがあると思わないと、怖くてやってられないのは世界共通のようです。

 

宗教観は違っても死の恐怖は結局同じなんですね。

別れは辛いし、消滅は不安ですよね。みんな一緒でした。

 

神道の死生観

神道は日本で生まれた宗教です

教典はなく(古事記とかの古典が聖典ではありますが)創始者のいない宗教です。

教えというよりまさに道という感覚が相応しいような気がしますね。

生き方についての教えです。

 

祖先の霊や怨念を残して亡くなった人を敬い、神とします。

神様は元人間というわけですね。

 

あと、「自然や自然現象も=神」として八百万の神である自然と祖先に敬意を払いましょう。という風に部落や村でそれぞれ信仰されてきました。

 

守り神は自分たちの先祖である。

 

・なので亡くなったら先祖神の仲間入りをします。

人→神 という連続性が特徴的ですね。

日本人の「上(お天道様)から見られてる」という感覚は神道の影響を受けていますよね。

 

神(自然)から生まれて神(自然)に帰る

 

「血」と「心」を永遠に受け継ぐ

 

死後の世界とか天国地獄は出てきませんでしたね。

人と自然で生き死にが完結しています。

 

死後の世界の記述がないと、どうしても怖いと感じます。

古くから伝わる宗教に、死後の世界はある、という一文だけでも見つけたい気持ちになります。

ですがなぜでしょう、潔くて、そういうものなのかなとちょっと諦めがついたような感じもするのです。

これはやはり自分が神道の根付いた日本で育った日本人であるから、比較的しっくりとくるのでしょうか。

 

まとめ

話があっちこっちいきましたし、長くもなったので、最後はちょっとだけブログらしくまとめてみたいと思います!

 

・宗教ごとの死後の世界観によって、亡骸の扱いが変わる。

・宗教ごとの死後の世界観によって、守るもの拒むものなどの生き方が変わる。

・西洋の圧倒的な最後の審判に賭ける感じ。

・イスラム教では神様の為なら戦争してもいい。

・東洋では自分たちは大きな輪廻の輪の中のほんの一片という感覚。

・仏教の解脱にストイックな感じは伝来した当初かなりセンセーショナルだったと予想。

・西洋でも東洋でも天国や浄土は後から作られた。

・生きてたら死ぬのが怖いのは当たり前・・・昔の人も怖かった。

・神道は心が穏やかになる。

 

 

自分を納得させて自分なりを死生観を持つことが死の恐怖を軽くする大事なプロセスだと思ってます。

 

ちょっとでもこの記事が役立てば、と思います。

 


\2019/7/13〜7/15 OSUが原宿にて個展します/

CTA-IMAGE スズキ アユミ 個展「まつげをつまむのさ」
2019年7月13日(土)〜2019年7月15日(月祝)
OPEN 11 : 00〜20 : 00

※最終日は19時頃までの展示です。

デザイン・フェスタ・ギャラリー 原宿
WEST 1-D ( DESIGN FESTA GALLERY WEST 1-D )

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 3-20-18

入場無料

3日間、全日程在廊するので、ぜひ遊びにきてください!
お話ししましょう〜(^^)
DMを持ってご来場の方にプレゼントをご用意しております・・・(^^)!
※なくなり次第終了とさせていただきます・・。

------------------------------------
いつか必ず死ななければならないということに気付いたのは、8歳くらいのことでした。
自分が永遠に消えるかもしれなくて、実際に死んでみるまで意識が消滅するかどうか誰にもわからない。
寝ながら思い詰めていると、口から心臓を吐いてしまいそうになります。

なんとかしなければならないと思いました。
死んでしまうことではなく、死んでしまう自分のことを何とかしなくてはなりません。
生きているあいだに、死んでしまうことについて納得しなければなりません。
わたしは自分を励ますために、怖いや悲しいをできるだけ明るく描き残そうと思いました。
------------------------------------