SUZURIのフルグラフィックTシャツが、いつの間にか背面プリント可になっていた!

      
SUZURIのフルグラフィックTシャツが、いつの間にか背面プリント可になっていた!

グッズを作り始めたばかりの頃から利用していたSUZURIのサービス

イラストなどの画像をWEB上で入稿するだけで、簡単にTシャツなどのグッズが作れてしまい、さらには販売・・購入もできるというかなり便利なサービスなのですが・・

最近は他の業者にもっぱら浮気していて、全然SUZURI使っていなかったんですが、最近確認したらびっくり!

フルグラフィックTシャツが全面プリントできるようになってるじゃありませんか・・

 

え・・いつから・・?

 

つまり総柄Tシャツをオリジナルで作れちゃうってことですよね?!

 

OSU夏は毎日総柄Tシャツを着ているので、これってかなりアツい情報じゃんということで思わず筆をとった次第!

ちなみにSUZURIのPRとかじゃないっす!

元々のSUZURIのフルグラフィックTシャツの仕様



旧バージョンでは前面全てにプリントが可能でした。

が、ボディの色は白のみで、後ろ姿は普通の白Tなんですね。

例えばせっかく背景色を工夫して、デザイン生地のようなプリントにしても、結局後ろは白いとちょっと残念な印象・・ですよね?

 

公式のモデルさんは、この前面ガラー!背面白ー!をすごくいい感じに着こなしていたので

「あれ?これ普通なんか?」と思いもしたんですが、やっぱりこれモデルだから・・というか、普通の人が着るとどうしてもレトロにはなれずにちょっとダサくなっちゃうんですよね・・

OSUのデザインスキルがウンチ説も濃厚ではありますが・・・

 

なので結局、背景を透過したイラストを、袖までかかるビックサイズにしたい時!に使用するようにしていました。

こんな感じに・・・プリントをA4以上の大きさにしたい時に使ってました。

 

 

新フルグラフィックTシャツの仕様

さて、新バージョンのフルグラフィックTシャツなのですが、こんな感じ!

 

後ろ

前面と背面、つまり全体にびっちりプリントできるようになったわけです(^^)

 

込み上げる喜び・・・!

 

SUZURIは、フルグラフィック以外のTシャツでもボディの色がかなり豊富です。

もともとTシャツだと最大23色から選ぶことができるんですが、これだと豊富どころの騒ぎじゃないですね・・・!

だって自分で色決めれるんですよ!

一気に可能性広がります(^^)

 

よくあるオリジナルTシャツの決まりごと、相場について

みなさん学生の頃に、行事のためにクラスTシャツとか作ったことあるんじゃないかと思うんです。

その時、デザインは1色でとか3色までとかデザインの色数が決められてませんでしたか?

ご想像通り、インクの数が増えるほどプリントするためのコストが上がるのが理由なんです。

 

カッティングシートを切り抜いてシャツに圧着させる方法や、シルクスクリーン(版画みたいな方法)が主なので、使用するインクが増えれば増えるほど・・ということですね。

 

その点SUZURIはインクジェットプリントを採用しているので、プリンターを一回動かすコスト、ということで色数に左右されることはないのですー!

そんな予算の立てやすいインクジェットプリントでも、プリントの面積によってかなりコストが跳ね上がる業者もあるのですが、SUZURIのフルグラフィックTシャツは前後全体にプリントして原価3,770円!でした!

ちょっといいTシャツ買った感じですね。

しかもオリジナル・・・!

ちなみに、ポリエステル100% 4.5オンスなのですが、洗濯した後すっごい早く乾きます。

 

色の種類や型の有無など、方法でかなーりバラツキはありますが、通常カッティングシート圧着やシルクスクリーンで両面にA4サイズのプリントをしたとして1枚3000円〜18000円くらい。バラツキすぎて参考になりませんが、それだけ振れ幅があるよということで(^^)

 

今年の夏は総柄Tシャツ一択だな・・・

 

今回の仕様変更でほんと、俄然やる気が出てしまいました!

画像のサイズさえ調節できればスマホからでも簡単に作れますので、みなさんも是非挑戦してみて!

オリジナルはプレゼントとしても喜ばれますし、自分好みのものが簡単に作れる時代になりましたなー!

生きるのたのしいな!

 

わたしOSUのSUZURIショップです!総柄Tシャツ「おさかな離ればなれ」はここから購入できます(^^)

OSUのSUZURIショップ「スタジオ オス」はこちらから

よければのぞいてみてください(^^)!